2006-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊技機不正改造問題 Ⅱ

 8月26日(土)


皆様の温かい 応援ありがとうございますm(_ _)m

心から感謝致しますm(_ _)m

気に入って頂ければ、ここをプチッとお願いします⇒人気blogランキング


昨日の続きですが、本当に遊技産業健全化推進機構には、

しっかりと我々打ち手の立場になって頂きたいですね。


パチンコ業界は、不透明さが多過ぎます。


今や、一般大衆の娯楽を超越したものになってきています。


確かに、人件費や光熱費、土地・建物、台の購入費等々を考えると、

勝つ人より負ける人の方が圧倒的に多いことはわかります。


しかし、イベント時は多く出して、回収期にはあまり出さない。

良くありますが、実際どうでしょう?釘が良くて多く回転していますか?

打ち方にもよりますが、その店によって極端に差がないのでは?

初心者やド素人じゃない限り、回転の悪い台に1万も2万も突っ込まないでしょう。

回転の悪い台が、いつも空き台で稼働率が悪いと営業にも影響しますしね。


昔は、パチンコと言えば『釘』という概念でしたが、

今や打ち手が賢くなっていますので釘だけじゃないと思います。

そして、釘を触れる人間は釘師でしたが、今は殆どおられないと聞いています。

店長ないし店長クラスの人間が、営業後1台1台触って調節を

おこなっていると聞きましたが、どうでしょう?

今や、全てコンピューター化されデジタル化されてる中、

アナログ的なことがおこなわれるでしょうか?

時間と経費を考えると、なかなか納得できません。

逆に考えると、コンピューターの導入によりキッチリとした数字が出る分、

細かい細工が可能ということだと思います。


サムの考えですが、この釘の調節だけで営業が成り立たないのでは?

回り過ぎて赤字になったり、回りが悪くて客足が減ったりと廃業に

追い込まれるといった危ない橋を渡らないと思うからです。


一昔は、『裏ロム』というロムの不正で出球を調節していたようですが、今はどうでしょう?

封印シールをはがしロムを変えたり、ロムの検査でばれるような単純な方法ではないでしょう?

技術的な知識がない人間では、不正を見破ることが出来ないようになっているのではないでしょうか?


このような店の不正行為は、我々打ち手を思い通りに踊らされ、

遊ばれていると思うと人気低迷になるのも納得ですね。


店によっては、店長クラスでもわからないようですし、健全さが目に見えてきません。


このようなお店が全てとは言いませんが、多いということですね。


サムの考えでした。

スポンサーサイト

テーマ:パチンコ - ジャンル:ギャンブル

«  | HOME |  »

プロフィール

サム&マリンちゃん

Author:サム&マリンちゃん
素人サムの漁!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。